Fine GoodJob とは?

弁護士

弁護士の力で適正な交通事故の過失割合へ

どれだけ気をつけていても長い人生の中では交通事故にあう時があります。

このような場合には加害者側と被害者側の両者が納得できるように示談金や医療費をはじめとした話し合いが行われます。

たいていの場合には両者がすんなりと合意できますが、一部の交通事故では弁護士の力を借りる必要性が出てきます。

この場合というのは、過失割合が問題となるケースです。つまり、どちらがどの程度その交通事故の原因をもっているかについて当事者の間だけでは決着がつかない場合があるということです。

こうした時は、専門家である弁護士が専門知識をもって調停に入ることで、両者が納得できる金銭のやり取りや法律的な手続きへと進んでいくことができるのです。

更新日-2011年11月9日

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる!

弁護士・税理士系の職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業です。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

司法書士のお仕事をしよう!

司法書士の仕事は、債務整理に関して悩んでいる人にとって、とても助けになる職業です。

過払いのCMなども増え、一番活躍が期待される職業ではないでしょうか?

司法書士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)