弁護士のお仕事

弁護士 イメージ

法律を知れば最強!?

弁護士の仕事は法律を熟知していなければできない仕事です。

日本にも裁判員制度が導入され、これからの弁護士という職業動向が気になるのではないでしょうか?

コラム  〜法律上手が弁護士の基本〜

弁護士(べんごし)とは、法律に関することについて、お客様の代理人、弁護人として裁判で弁護をしたり、各種の法律に関する事務を行う職業で、資格を持っていないと弁護士にはなれません。

簡単に言えば、法律の知識を知らない人の手助け・代理人になる仕事です。

弁護士になるには:

  1. 法律に関する案件や相談の仕方などを学ぶ
  2. 司法試験に合格することで、弁護士資格を取得する

といった事項をクリアしなければいけません。

六法全書を常に持ち歩き、どんな事例や案件があったかを調べたり、実際に裁判の傍聴をしに行くことも大きな勉強になるのではないでしょうか?

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる!

弁護士・税理士系の職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業です。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

司法書士のお仕事をしよう!

司法書士の仕事は、債務整理に関して悩んでいる人にとって、とても助けになる職業です。

過払いのCMなども増え、一番活躍が期待される職業ではないでしょうか?

司法書士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)