行政書士のお仕事

行政書士 イメージ

行政書士は行政に関するお仕事

行政書士の仕事は名前の通り、行政機関に提出する書類や権利書類等の作成や申請を行う仕事です。

弁護士などとは必要な法律の知識も変わってきますので、注意が必要です。

コラム  〜人の権利書類を作成する仕事〜

行政書士は行政機関に提出する書類の作成だけだと思っている人も多いかも知れませんが、遺言書や契約書などの権利書類を扱う場合もあります。

権利書類を扱うということは、とても責任をともなう仕事になってきます。

行政書士になるには:

  1. 行政書士試験に合格することで、資格を取得する
  2. 国又は地方公共団体の公務員として20年以上行政事務に携わる
  3. 弁護士、弁理士、公認会計士、税理士のいずれかの資格を取得する

といった事項をクリアしなければいけません。

行政書士という職業は、幅広い分野の書類に目を通す必要があるため、新聞の記事などに気を配りながら、勉強に取り組む姿勢が必要です。

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる!

弁護士・税理士系の職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業です。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

司法書士のお仕事をしよう!

司法書士の仕事は、債務整理に関して悩んでいる人にとって、とても助けになる職業です。

過払いのCMなども増え、一番活躍が期待される職業ではないでしょうか?

司法書士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)