公認会計士のお仕事

公認会計士 イメージ

財務に関するプロフェッショナル

公認会計士と税理士の違いを聞かれる方が多いですが、全く違う職業です。

税理士は税金に関するイロハを仕事にしていますが、会計士は財務書類の調査や立案などを仕事としています。

コラム  〜口の中を見る職業〜

公認会計士は、税理士とは違い、財務に関するあらゆる書類に目を通す必要があります。お金の流れをとても意識する仕事です。

公認会計士になるには:

  1. お金に関する知識や流れ方を勉強する。
  2. 公認会計士試験に合格することによって資格を取得する。

といった事項をクリアしなければいけません。

公認会計士という職業は、税理士と同じく間違いが許されない職業ですが、その分、責任感ややりがいが強く得られる職業です。

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる!

弁護士・税理士系の職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業です。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

司法書士のお仕事をしよう!

司法書士の仕事は、債務整理に関して悩んでいる人にとって、とても助けになる職業です。

過払いのCMなども増え、一番活躍が期待される職業ではないでしょうか?

司法書士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)